患者さんのおかげ

仕事って嫌なことばかりだなって思うと本当に何にも楽しい事が思いつかないものだよね。

だけどちょっとだけ考え方を変えてあれは嫌いだけどこれは結構いけるかも...なんていう風に好きなところ、得意なところを見つけることが出来ると少しだけ楽になると思わない?

私は看護師になったばかりのころ、あれもこれもどうしてこんなに大変なんだ!...って気持ちばかりだったけどある日なんとなく心の底から患者さんと笑いながら会話が出来たときにすごい達成感があったんです。

それからは患者さんと楽しい会話をすることはぜんぜん苦痛じゃないんだってことに気づいて...。

技術的なことは経験や先輩ナースから学んでいくんだけど患者さんから学べることっていうのも実はたくさんあるってことに気づいちゃいました。

今の私があるのは患者さんのおかげっていう考え方が正しいかもしれないな。

このブログ記事について

このページは、かずとしが2014年9月 9日 08:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「看護師としての私の適正」です。

次のブログ記事は「人の真似でなく自分スタイルで」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク