透析

親戚の人が透析をしています。
したあとしばらくはいいのですが、だんだんと弱くなっていきます。
大丈夫なんだろうか。。。

厚生労働省が2013年に発表した日本人の平均寿命は、男性80歳、女性86歳。
平均寿命から、現在の年齢を引いた値が平均余命となります。
たとえば、現在30歳の男性の場合は、
平均寿命の80歳-30歳=50歳となり、現在30歳の男性の平均余命は、50年ということが分かります。
透析患者さんの場合は、余命が半分となるので(80歳-30歳)÷2=25年となります。

ひえーーー!
こういうのはあくまでも予想というかーー(!)、、、。

透析患者さんでは、心不全になりやすい理由についてはさまざまあるようです。
腎臓から尿を作って水分を排出することができなくなったり、
カリウムの排泄ができなくなるからです。

心臓は、ふくらんだり、ちじんだりを繰り返して、
ポンプ作用により血液を全身に送り出しています。

透析患者さんでは、水分を過剰に摂取すると、体の中に水分が溜まり、
特に心臓や血管内に水分が溜まります。
そうなると、心臓がパンパンに膨れ上がり、縮むことができなくなります。
それにより血液が全身に送れなくなるんですね。

お見舞いにいこう。。。

このブログ記事について

このページは、かずとしが2017年12月 1日 22:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「毛先だけ切ってください」です。

次のブログ記事は「身体が熱い」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク