イカット

イカットという布があって、けっこう見せられてしまった。あ、魅せられてしまった。笑

イカットって知ってます?
糸をつむいで手染めするまで1ヶ月かかるんですって。

その糸を1枚のショールに織り上げるのに1週間もかかる手織りのイカット。
バリでは古くから神事に使われ、身を守るための意味をもち、作品は一家の大切な財産でもあるんですって。

織り込まれているモチーフは植物や動物などの自然、森羅万象、宇宙を表していて、
素材もヌサベニダとバリ島のシルク、コットンを手染めした自然素材ばかりで出来ているって聞きました。

大切な村の文化でありながら、最近ではグローバル化の波にのまれて、
若い後継者も少なくなっているそうです。

長年にわたり培われた文化が消えてしまう事は民族全体の損失ですよね。
一度失われてしまった文化を再興するのは難しいものです、、、泣

それでも頑張って作っているので、是非紹介したくて笑!!

写真があればいいのですが、「イカット」で検索するとでてくるので、
探してみてくださーい。

このブログ記事について

このページは、かずとしが2018年4月 1日 15:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ZOOM?」です。

次のブログ記事は「引き締め化粧品」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク